ウムリンと体外受精について

ウムリンを服用している方の中には、
実は体外受精を目指している方も多数おられるようです。

体外受精とは、採卵手術で排卵前の卵子を体内から取り出し
精子との受精を体外で行う治療です。

その方法として、女性の体からいくつかの卵子を取り出します。
その後体外で受精させた卵子を、2日から5日間程度の体外培養を行います。
卵子を培養し正常に細胞分裂を順調に繰り返したところで、
よく発育した良好胚を選んで体内に移植するのです。

ある程度細胞分裂を起こした卵を胎内に戻す事で、より妊娠率を高くするのです。
この際、卵子が元気でないと発育もよくなりません。
ウムリンはその卵子の元気さを保つという役割があるのです。

卵子自体を若返らせる事はできませんが、卵子に栄養を送る昨日を持つ細胞を
若返らせる効果がウムリンにはあるのです。
これらの効果については、和歌山県立医科大学の研究所が研究していて、
学会にも発表されているもの。しっかりしたエビデンスがあるのです。

また、妊娠と言うデリケートなことですから、どうしても安全性が気になる所です。
しかし、ウムリンの成分は天然食物由来の成分ですので副作用はありません。
元々の成分は梅酢を作る過程で生成されたものですから、
体に問題を起こすものではありません。
もちろん、食物アレルギーがある場合は、成分表の確認をお願いいたします。

ウムリンの成分表の確認は
こちらからどうぞ

>>梅で妊活【ウムリン】<<