卵子の質を上げるという事

ウムリンは、体外受精での妊娠目的で服用している人が
結構いるのです。

体外受精とは、女性のからだから排卵前の卵子を取り出して体外で受精を行い、
ある程度(2〜5日)成長させてから胎内に戻し着床させる方法です。

体外受精の鍵となるのは、採卵時にどれだけ質の良い卵子が採卵できるかなのです。
卵子の質がよければ、受精する確率も高くなり、その後の細胞分裂や生育も
上手く進む確率は高くなります。当然次の段階である妊娠へと進めます。

ウムリンはこの採卵する卵子の質を高めるという効果が期待できます。
卵子は年を取るごとに老化してしまいます。
残念ながら、ウムリンは卵子自体の老化は止められません
ただその卵子に深く関係する、顆粒膜細胞を健康に保つという力があるのです。

ウムリンの使用者アンケートに多く寄せられているのが、
採卵しても質の低い卵子が多い人がウムリンを服用したあとの採卵では
医師も驚くほどの質の良い卵子が採卵できたという報告が多数あるのです。

いま体外受精予定されているのであれば、ウムリンが力になれると思いますよ。

>>梅で妊活【ウムリン】<<


体外受精で大切な卵子の質をあげるということ

ウムリンは自然妊娠を望む方だけが飲んでいる訳ではありません。
実は体外受精での妊娠に臨んでいる方も服用しているのです。

その実例の口コミとして、お客様アンケートを見てみると…

●いままで何度も採卵したのですが、
受精しなかったり受精しても移植できなかったりが続いてました。
原因はグレードの悪い卵しかとれなかったためだと思います。
そこで、何か改善方法はないかと調べていたら、ウムリンに出会ったのです。

血流改善のマットも併用して一年位たった時、初めて胚盤胞が出来る様になり、
2回目に出来た胚盤胞を移植したところ、みごと妊娠することができました。
通っていた病院のカウンセラーさんもビックリしたようで何か飲んだ?と
聞いてきた位です。ウムリンは一度試す価値はあると思います。


といったように、体外受精でも効果が報告されています。
このように、自然妊娠を望んでの服用ではなく、採卵時の卵子の質を上げるために
ウムリンを服用する人もおられるのです。

卵子のグレードを上げるというウムリンの効果。
あまり知られていないようなのですが、
これは、体外受精を目指す方の希望になる情報なのではないかと思います。

>>梅で妊活【ウムリン】<<

ウムリンと体外受精について

ウムリンを服用している方の中には、
実は体外受精を目指している方も多数おられるようです。

体外受精とは、採卵手術で排卵前の卵子を体内から取り出し
精子との受精を体外で行う治療です。

その方法として、女性の体からいくつかの卵子を取り出します。
その後体外で受精させた卵子を、2日から5日間程度の体外培養を行います。
卵子を培養し正常に細胞分裂を順調に繰り返したところで、
よく発育した良好胚を選んで体内に移植するのです。

ある程度細胞分裂を起こした卵を胎内に戻す事で、より妊娠率を高くするのです。
この際、卵子が元気でないと発育もよくなりません。
ウムリンはその卵子の元気さを保つという役割があるのです。

卵子自体を若返らせる事はできませんが、卵子に栄養を送る昨日を持つ細胞を
若返らせる効果がウムリンにはあるのです。
これらの効果については、和歌山県立医科大学の研究所が研究していて、
学会にも発表されているもの。しっかりしたエビデンスがあるのです。

また、妊娠と言うデリケートなことですから、どうしても安全性が気になる所です。
しかし、ウムリンの成分は天然食物由来の成分ですので副作用はありません。
元々の成分は梅酢を作る過程で生成されたものですから、
体に問題を起こすものではありません。
もちろん、食物アレルギーがある場合は、成分表の確認をお願いいたします。

ウムリンの成分表の確認は
こちらからどうぞ

>>梅で妊活【ウムリン】<<